2017年11月19日日曜日

モチベーションと情熱と、熱い言葉の強い相関関係への思い

 









 2017年のInterBEEが終わりました。
残念だったのは、私自身が、Luminexのブースに張り付いており、マイルランテックのブースに、全く立ち会えなかった事。。しかし、今や私抜きでマイルランテックが成立していることを、来場した方々は、実感いただけたかもしれません。

2008年、この展示会に一人で出展した時、初めてこの世界の一員になれたことに感動し、心震わした頃から、この展示会は大事な展示会であり、ここに出展できることのありがたさを感じていました。操業して以降、うちの社員にも、その事を共感して欲しくて、強く訴え続けたように思います。これまで、本当に自分なりに、お金がないなりに、工夫して続けてきた事。

社長の指示に、盲目的に従うのでなく、また昨年と同じ内容で展示をするのではなく、自ら頭を使うこと、考えること、工夫することの尊さ。それを伝え続けて、今、まさにようやく、それが実現したと思えるのは、この展示会について、2年続けて若い社員だけで企画し、社員だけで演出し、社員だけで営業をしたのは、紛れもない事実であり、その努力は、確実に実っていると言えるのです。これで、もしかしたら私は本当に過去の呪縛から解放されるかもしれない。一方通行の片思いによるストレスという呪縛

正直、私は熱いタイプの社長であり、時に鬱陶しいと感じられるかもしれない。そして、強いメッセージを社員に投げつけるし、それに呼応する社員が好きです。熱いメッセージを投げて、返ってこない、強いやる気が見えない人の場合、つい相手にするのを諦めてしまう。多分、ふてくされてしまう。間違いなく、面倒な社長だ。技術だけでなく、事務の仕事にも、同じような熱を求めてしまう。

でも、マイルの仕事の場合、感動するような情熱は大事だと思うし、情熱がなければ、このエンターテイメントに関する仕事は続かないと信じているんです。自分は会社の社長だけでなく、オーナーであり、自分が自分の会社で理想を追いかけて何が悪いだろう。自分の嫌いなタイプを集めて、お金だけを目的にする会社なんて、続ける意味なんてない。

自分が熱い思いを持たないで、人を感動させられるわけないじゃない? 熱い思いで、働いてるから、仕事が楽しいし、皆と仲間意識を共有できるんじゃないか?そうでしょう?そういうのが苦手の人もいるかもしれないが、そういう人は、あっさりした会社に転職した方がいい。情熱なんて必要ない、お金を稼ぐだけでいいという会社に。。そういう人は、絶対、うちには合わない。

熱いメッセージを受けて、強い思いで、仕事に関わってほしい。自分の頭を使い、考え、意見を出し合い、その中から感動を顧客に提案して、共感してもらって商品を買ってもらえたらいい。これはマイルランテックという会社の理想であり、社員には情熱、探求、洞察力を求めたいと今でも思うんです。

ただ、何度も頭で理解し、声に出すように、皆がそういうタイプじゃないこともわかるし、共感できない人も多数いる。だからこそ、自分は同じ感性の人を見つけるまで採用を続けるし、そうでない人には、会社を去ってもらった方が、お互いのためだということを訴えてきた。これから10年のうちに、また人は入れ替わるだろう。事実、この7年の間にも、人は数多く入れ替わった。いかに社員を採用することが難しいか、そしてその中からリーダーや右腕を見つけ、育てることが困難かを実感します。

私は、皆が一丸となって努力をするチームのような会社が好きです。そういう熱量のある会社で仕事がしたいと思う。しつこく熱いとよく言われるが、熱い言葉は、人の心に沁み入り、やがて時を経て、新しい熱を帯びて、また、別の人に伝わる。そしてそれが会社を動かす原動力になる。熱い思いと言葉と結果には相関関係があると信じる。

2017年11月7日火曜日

変化する指標

 

 歳を重ねた今だからだろうか?幼い記憶が、時折鮮やかに蘇ることがある。まだ私が幼い頃だった。人里離れた山へ遠足に行った記憶。よくある冒険とか探検という子供が憧れる類のものだ。当時、廃坑となった銅山の鉄道が街中に残っており、これをつたい、簡単に山深く入ることができた。まるで映画のスタンドバイミーのような体験だった。

子供の足ではかなりの距離だったが、野イチゴを食べたり、家から持ってきたお弁当を食べたりしながら、延々と続く錆び付いた線路を歩き続け、気づいたら山の中に不自然な大きさでたたずむ廃駅にたどり着いた。構内は広く、数多くのレールがさらに山深く消えており、それらは未だ手つかずのままそこにあって、広いその敷地では、おそらく山から下りてきた荷物が仕分けされていたであろう形跡が見て取れた。記憶では駅というより1つの町に感じたほど広大で、古めかしいけれど立派な駅舎が立ち並び、窓から覗く内部には、当時でも、年代を感じさせる食器用洗剤、ポスター、食器類、時計、机や戸棚などの家具類が、そのまま当時の雰囲気と共に保存されており、まるで今にも時間を遡り、動き出しそうなほど。。。駅は静まり返り、まるでここだけ、時間が止まって、この空間だけを密封し、一瞬にして人が消えたかのような空気が漂っていた。

この大きな駅の跡地は、今思うと、その昔、興隆 を極めた日本を代表する住友鉱山の採掘場に関連して存在した駅であり、トロッコが終着するターミナル駅だと想像できる。ここから海へ向かう貨物列車が鉱石を運んでいたのだろう。線路の途中には数多くの銅鉱石が散乱しており、それら石を割るとブルーグリーンの美しい色彩を放つ銅鉱石が確認できた。なぜ、自分がそれを知っていたか、覚えていない。ただ、それは綺麗で、自分は銅の原石だと認識していた。そんな銅山の繁栄した時代の名残。

私がそこを訪れた時には、その駅を中心に存在した街は、ほとんど人も寄りつかない遺跡のような存在になっていた。今思うと昔は華やかであったろう1つの街が、山の中に忘れられたかのように残され、鉱山の採掘という仕事のトレンドが終わりを迎えた故に、置き去りにされ、忘れ去られたその街の悲哀を感じてしまう。

そんな広い駅構内を探検していた時、何気に、駅舎の間に横たわる線路に立ち、今、来た道を振り返ると、延々に続くレールの先に、もし列車に乗ったとすれば、眺めることができたであろう線路と平行して流れる渓谷がわずかに見えて、湾曲した線路の先が、遠く街へ続く車窓の景色をイメージさせたが、そのレールの先に、すでに未来がないことも知っていた。錆び付いたレールの上に枯葉が転がり、その先のフェンスと、ただ静寂に包まれた山間の風景が、ただ悠然とそこにあって、何かの終わりを見た気がした。

いつの時代も、華やかな時代は未来永劫には続かず、その鉱山の跡地も、すでに過去の形跡でしかなかった。いつの時代もトレンドは変化し続ける。ゆえに追いかけるべき指標もその姿を変え続けるのである。それを理解していれば、いつまでも同じ仕事で生きていけるわけもないことは明白である。変化しつづける意思が生存を決める。

今、成功しても、未来に失敗すれば意味がない。成功し続けなければ、やがて時の流れとともにそれらは古びていき、ノスタルジックな色彩をまといながら、風に吹かれて砂のように舞い散るだけなのだ。今ある常識は未来の常識ではない。我々は、常に新しい指標をみつけ、向かうべき方向を再認識すべきなのだ。しかし変革を続けることの困難さは、とてつもなく重くのしかかる。これまでの成功体験が自分自身を強く縛り、自分の置かれた環境が、新しい道へ向かうのを妨げるのだ。

しかし、時代が変わり、価値観が変わり、人が入れ替わる。こうした流れの中で、一人それに抗うことなどできはしない。過去に固執せず、これまでとは異なる視点で新しいことを始めなければ、美しい光彩を放つ鉱石とともに森深く埋もれて、やがて誰からも知られることなく、存在価値が失われるだけなのだ。

たとえ過去を捨ててでも、新しい道へ歩みを進めるしか生き残ることはできない。その先に暗雲が待ち受けているとしても、歩みを止めることはすなわち、自ら終わりを選択するというだけである。。ただ、シンプルに変化し続ける時代に対応するしかなく、追いかけるべき指標を見つけることしか、他に方法はない。今、自分はそういう選択とともに苦しみ、創業から10年を迎えた会社に、新たな価値を見つけようとしている



2017年10月17日火曜日

Mediaサーバーの未来

 15年以上前にデジタルライティングの映像送出装置として誕生したメディアサーバーは、LEDスクリーンに向けた映像出力装置として1つの選択肢を提供し、やがてプロジェクションマッピングの流行とともに、映像送出のスタンダードな地位を気付くはずだった。がしかし、映像業界向けに使いやすいメディアサーバーというのは実は多くなく、ほとんどの人は照明向けメディアサーバーをなんとか、やりくりして使ってきたというのが本当のところだろう。

そしてまた、メディアサーバーを購入した多くの企業で、多用するほど運用していないのも事実ではないだろうか? 認知はされた、照明卓などなくても使えるものも出てきた。しかし、実際には多用するほど活用しているケースは少なく、多くのプロジェクション演出はコンテンツで対応しているケースがほとんどであり、再生機は特別なものは必要がない状態になっていると言っていい。

とは言え、コンサートシーンにおいて、一定の地位を築いたメディアサーバーは市民権を得ており、照明さんと映像さんの間で、昔に多くの人が抱いた期待とは異なる規模で、活用されている。今では、照明コンソールと一体化した製品や、照明業界で照明装置の1つとして活用されるメディアサーバーなど、いろいろあるが、この分野はすでに飽和したかまたは製品カテゴリー自体がコモディティー化したか。(陳腐化して一般化した)


とにかく、すでに特別感はないし、これ以上に派手に進化することもない。終焉を迎えた印象は拭えない。どんな機能を持ってきても、驚きもなく、感動も薄いのは、すでに大概の製品が似たようなことができており、つまりは技術が陳腐化しているのである。

今後もメディアサーバーと呼ばれるカテゴリーの製品は、これ以上に進化はなく、拡大はしないが、消えることもなく、しかし価格に対する下げ圧力は強まるだろう。それが単にコンピューターであり、ソフトウェアであることは明白であり、また、技術自体が陳腐化しているのである。典型的な製品のコモディティー化現象が感じられる時期が数年前から続いている。

ブームの終焉という意味では、有名なプロジェクターメーカーがメディアサーバー を買収したり、新しいメーカーが、メディアサーバーを開発したりする中、遠くから聞こえるサイレンのように、しかしそれが重大なキーワードであることを教えてくれる。もはや、時代は変化している。皆が気づかないうちに、この産業は飽和し、これ以上の拡大はなく、新たな方向性、新しい類の製品、メディアサーバーではなく、新しいアプローチが動きだす。メディアサーバーで行っていることは包括されていくか、より手頃な値段で手に入るメディアプレイヤーの方向へ舵を切る。


次の世代の新しい製品をなんと呼ぶのかわからない。ただ静かに次の新たなブームが動いているのを感じるのである。それは新しい世代に向けた新しいツールであり、ショークリエイションのプラットホームとも呼べるもの。いつかModulo Kineticで行っていることの新しさを、皆が知る時が来るだろう。それがブームとして広がり、メディアサーバーみたいに定着するかどうかは、まだわからない。しかしこれらがメデイァサーバーとは似て非なる新しい潮流であることは間違いない。メディアアーバーという言葉自体がもう古臭い。すでに終わったと言ってもいいだろう。







2017年10月10日火曜日

破壊の中に生まれる新しい何か

 長いこと1つのビジネスで利益を得てきて、あえてそれを捨てる決断をするのは、非常に難しい。やはりこれまで同様に同じビジネスでこの先もやっていきたい。顧客の求める要求もまた、同じ方向である。故にそこに依拠したいバイアスがかかるのが普通だと思う。それをあえて破壊する決断というのは、相当に難しい。会社の経営者として、自分の会社にとってマイナスになる選択というのは、本来はありえないし、そんなことしたら、株主から相当、反発されるだろう。

そんなあり得ない選択をしたのが、マイルランテックの最近の状況であり、ルミネックス社の代理店を増やす選択は、まさにマイルランテック社にとってはネガティブな選択だった。多くの人が、主力商材を手放す選択などあり得ないと考えたし、マイルランテックは、そこまでしてLuminexに奉仕して、何が得られるのか?と訝しがる人もいるだろう。答えは、Zeroである。利益などないどころか、マイルランテックを破壊しかねない選択と言える大事件だった。(ある意味、すでに破壊されたのかもしれない)

2014年、私はあえて、新しい会社を誕生させて、マイルランテックの既存ビジネスを破壊しつつ、破壊された中から生まれる新しい可能性をつかもうと考えていた。イノベーションは既存の仕組みの破壊から生まれるものなのだ。マイルランテックも同様に、これまでのビジネスに依存しないで生きるきっかけをつかめるかもしれない。この選択はチャンスなのだ。もちろんマイルランテックが、即死するような決断は不可能だが、相当にダメージは大きいものの、今回は、これをきっかけにして、新しいマイルランテックに飛躍することが可能だとイメージした。

確かに、2017年に自分が下した選択、これは賭けである。九州営業所を閉鎖し、社員を特に若い世代に入れ替え、社員のほとんどが新しくなり、若い世代に責任を持たせ、古い商材から新しい商材への切り替え、異なる仕事の仕方への転換、10年前にイメージした古いビジネスモデルを破壊し、また価値観すらも新たにする方法は、会社そのものを破壊しかねない劇薬である。それをうまくコントロールできるかどうか?自分のイメージ通りに制御できるのか?これは自分にとって、大いなる挑戦であり、劇的な変化であった。この計画のために、2014年から行動し続け、試行錯誤を繰り返した。九州ブランチもその中から生まれて消えた1つのアイデアだったし、昨年行った社内ミーティングは、まさに2017年に向けた大改革の集大成でもあった。消えたもの、残ったもの、想定内、想定外の変化、いろいろなことが起こって、今もまだ混沌としていて、結果は見えない。

しかし、それでも変えたかった。新しい会社に生まれ変わりたかった。変化し続けなければいけないと思ったし、Luminexの足を引っ張る気にはなれなかった。Luminexを求める潜在的な顧客にとっても、これは良い選択だったはずだ。私は10年続いたマイルランテックを犠牲にして、LuminexJapanを誕生させ、次の世代のマイルランテックを生み出したと数年後には、はっきりと言えるようになると思う。そう信じて、今もまだ改革を続けている。



2017年10月7日土曜日

自身の責任感に殺される自己

 自分の仕事を全うしようとするがあまり、自分の全てを犠牲にしていまい、自分を失い、逆に今度は、そこから解放されたいと願う。しかし、自身のあまりに強い責任感から、それを放棄できない。そして放棄した自分を責める自分が内部にいて、そこから逃げた時、激しく恥ずかしいと感じてしまう。これは日本人に多い特性じゃないだろうか?

死因として、自殺(Suicide Solution なんて歌があったなあ )が最も多い日本人の場合、先に挙げたようなメンタルだと自分も思うし、実は自分もなんども、こういう状態になってる。過剰な労働で亡くなる人は後を絶たず、労働環境の改善が叫ばれているけれど、社員だけじゃない日本人のほとんどが、責任感の奴隷であり、失敗を恥と捉えるメンタルだ。




ゆえに社員だけじゃない、会社の経営者も同じくらい、失敗したら自殺する人が多い。これも同じメンタルで、責任感と、失敗を恥ずかしいという思い。強く自分を責めるあまり、そこから逃げたいと強い感情が心を支配する瞬間、人は自分を殺す。

みんな実は休みを取りたいと思っているし、他人は休めばいいと簡単に言うのだけど、実は、それをさせない自分が自分の内部にいて、これはそういう思考がゆえであり、自分でもうまくコントロールができないものだと思う。だから、追い詰められる人がいるんだと思う。。やはり、こういう思考をしないような教育というか、失敗をしてもチャンスを与えるべきなんだろう。と思う。なぜ、そうなるか?と問われても、そういう育ち方をしたからだとしか思えない。もともと、そういうタイプじゃない人にはわからないことだろう。


2017年8月9日水曜日

ホール設備のあり方、もう一つの側面

 今年に入り、久しくお会いしていなかった元上司と話をする機会がありました。もうすでに何ヶ月か前のことですが、非常に懐かしく、また多くの知見を与えてくれる良い機会になったことは、大変ありがたい機会であったと思います。今でも私は未成熟かつ、足りないことが多いと自覚していますが、舞台照明会社に勤めていた20代の頃はさらに輪をかけて、人としてなっていなかった時代。。。。

 当時の上司はよくぞ、自分を使ってくれたものだと思うし、その当時があって今があることを鑑みると、上司の忍耐力への感謝と失礼で生意気な当時の態度を深くお詫びしました。確かに、若い頃から激しい感情と情熱でひたむきな性格だったからこそ、今のような仕事ができたのかもしれませんが、いや、やはり今の自分があるのは、当時から今まで自分に関わってくれた人、先輩や後輩、舞台人としての所作を教えてくれたフリーの方々や、関係各社の人たちのおかげだと思います。やはり自分は、舞台をルーツにして生きているなと強く感じます。

そんな私ですが、時々、公共ホールの照明設備について議論する機会を頂くことがあります。偉そうに登壇するのは本意ではありませんが、当社はネットワークインフラの製品を提供する企業であり、劇場やホールの設備について無関係ではありません。そういう機会があれば、自分の知り得る情報を公開するべきと思い、今もそうした機会があれば、積極的に参加しています。

昔を振り返ると、当時、勤めた会社は舞台照明というよりホール管理業務の印象であり、その割に、自分はほとんどその仕事に関わることなく、イベントや普通にお芝居、コンテンポラリーダンス、コンサートなど派手な仕事をさせてもらっていた。しかし、今も昔もホール管理という仕事は存在しており、重要な仕事であることに変わりはなく、それら仕事を今になってフォーカスすると、その重要性について、考えさせられます。

舞台に関わる著名な人の中には、イギリスなどの舞台はプロが立つ舞台であり、素人のための劇場ではないが、日本では多くがプロではなく、素人が舞台に立つのが大きな違いだと言う声もある。しかし、これは日本の文化であり、各市町村が税金で建てたホールは、市民が使う市民のための設備であって、そういう場を提供するのが市民ホールだという価値観。元上司が話す言葉は、それが自分にとって大きな意外性というか、改めてその意味を再認識させられるものでした。

日本のホールは、市民優先であって、公演でやってくる外部のユーザーだけのものではない。貸し小屋として機能する場合も、目的は市民が見たい公演だからであって、市民ファーストという考え方は変わらないと。非常に明確だが、意外に見失いがちな価値を再認識させられる。

場所によっては、ホールや劇場がその地域の集いの場所であり、ロビーエリアで宿題をする小学生がいたり、老人たちが世間話をしていたり、部活帰りの高校生がおやつを食べていたりする環境として、その存在が人をつなぐ場になっていたり、人が憩う場所として機能する。その意味で、決して立派な公演を毎日、見るためだけの存在ではないということを、教えられ、日本の文化としてのホールへの視点とか、箱物行政と批判されてきたが、ホール設備の別の意味について、開眼させられたのは、驚きであった。やはり物事には複数の側面があるなと思いました。


経営者とて会計業務を理解すること

 経営者は一様に会計業務が苦手とか、それは経営者の仕事じゃないとか言われると、うーん。。それはちょっと違うなと思う。いや、全くわからないことなんてなく、やれと言われれば、もちろん今でも仕訳入力だってできるし、バランスシートを見て、幾つかの指標を割り出すことなど、経営者ならばできて当たり前だろうと思う。だって自分の会社だもの。

中小の社長は、会計業務が面倒で嫌いなことは多数派だし、できる人に任せるのが基本だと思うけれど、何が欲しいのか明確に伝えなければならないし、やってる内容を理解してないと指示もできないゆえに、会計業務については、経営者なら持っておくべき知識だと思う。

中小の社長はキャッシュフローだけ見てればいいとか、多くの社長がBSなんてわからないとか言われると、確かに過去の結果だけ見て経営しているわけじゃないから、バランスシートだけで会社経営なんてできないと思う。しかし、これまでの結果を数字で理解することは必要だろう。スマートなのは、月次決算して、試算表をもらって、そこから欲しい数字だけ取り出して、分析に使いたいと、多くがそうだろうと思う。そういう私も、自分が大事だと感じる幾つかの指標は持っているし、単にエクセルシートに決算書や試算表からの数値を入力して、それを判断や目標に使っている。

その代わり、経理担当者がしっかり入力しないとでたらめな数字になるし、勘定科目や補助科目を、こちらが知りたい内容じゃなく、一般的な勘定科目にまとめられたら、それこそ意味がない。せっかく保険でお金を外に逃がしたのに、資産じゃなく費用にされちゃうと赤字になっちゃう。こっちの求めている仕事は、知りたい数字を積み上げた結果であり、意図した会計結果であって、税務署に出す決算書のためだけが、目的じゃない。税理士の能力次第で会社は繁栄も衰退もするなと思う。否

資格を持って税務署に出す資料を責任を持って作成するだけ、まだマシで、世の中には偽
プロフェッショナルみたいな輩がいて、コンサルという名前で税務を請け負っちゃう人がいる。もうグレーゾーンとかじゃなく、真っ黒でしょ。と言いたい。そういう人が何に責任を持つかといえば、責任なんて持てないでしょうと。

だから中途半端な帳簿になる。意味不明な仕訳が散見される。そんなサービスでお金を取るなんて、ありえないだろうということもある。やはり会社の経理業務、実務は誰かに任せても、中身はしっかり経営者が管理、理解する必要があると思う。会社に余力があって自計化できるなら、そうした方がいいに決まっていると自分は思う。だから経営者は会計の勉強もしておくべきだと強く思う。