2017年8月9日水曜日

ホール設備のあり方、もう一つの側面

 今年に入り、久しくお会いしていなかった元上司と話をする機会がありました。もうすでに何ヶ月か前のことですが、非常に懐かしく、また多くの知見を与えてくれる良い機会になったことは、大変ありがたい機会であったと思います。今でも私は未成熟かつ、足りないことが多いと自覚していますが、舞台照明会社に勤めていた20代の頃はさらに輪をかけて、人としてなっていなかった時代。。。。

 当時の上司はよくぞ、自分を使ってくれたものだと思うし、その当時があって今があることを鑑みると、上司の忍耐力への感謝と失礼で生意気な当時の態度を深くお詫びしました。確かに、若い頃から激しい感情と情熱でひたむきな性格だったからこそ、今のような仕事ができたのかもしれませんが、いや、やはり今の自分があるのは、当時から今まで自分に関わってくれた人、先輩や後輩、舞台人としての所作を教えてくれたフリーの方々や、関係各社の人たちのおかげだと思います。やはり自分は、舞台をルーツにして生きているなと強く感じます。

そんな私ですが、時々、公共ホールの照明設備について議論する機会を頂くことがあります。偉そうに登壇するのは本意ではありませんが、当社はネットワークインフラの製品を提供する企業であり、劇場やホールの設備について無関係ではありません。そういう機会があれば、自分の知り得る情報を公開するべきと思い、今もそうした機会があれば、積極的に参加しています。

昔を振り返ると、当時、勤めた会社は舞台照明というよりホール管理業務の印象であり、その割に、自分はほとんどその仕事に関わることなく、イベントや普通にお芝居、コンテンポラリーダンス、コンサートなど派手な仕事をさせてもらっていた。しかし、今も昔もホール管理という仕事は存在しており、重要な仕事であることに変わりはなく、それら仕事を今になってフォーカスすると、その重要性について、考えさせられます。

舞台に関わる著名な人の中には、イギリスなどの舞台はプロが立つ舞台であり、素人のための劇場ではないが、日本では多くがプロではなく、素人が舞台に立つのが大きな違いだと言う声もある。しかし、これは日本の文化であり、各市町村が税金で建てたホールは、市民が使う市民のための設備であって、そういう場を提供するのが市民ホールだという価値観。元上司が話す言葉は、それが自分にとって大きな意外性というか、改めてその意味を再認識させられるものでした。

日本のホールは、市民優先であって、公演でやってくる外部のユーザーだけのものではない。貸し小屋として機能する場合も、目的は市民が見たい公演だからであって、市民ファーストという考え方は変わらないと。非常に明確だが、意外に見失いがちな価値を再認識させられる。

場所によっては、ホールや劇場がその地域の集いの場所であり、ロビーエリアで宿題をする小学生がいたり、老人たちが世間話をしていたり、部活帰りの高校生がおやつを食べていたりする環境として、その存在が人をつなぐ場になっていたり、人が憩う場所として機能する。その意味で、決して立派な公演を毎日、見るためだけの存在ではないということを、教えられ、日本の文化としてのホールへの視点とか、箱物行政と批判されてきたが、ホール設備の別の意味について、開眼させられたのは、驚きであった。やはり物事には複数の側面があるなと思いました。


経営者とて会計業務を理解すること

 経営者は一様に会計業務が苦手とか、それは経営者の仕事じゃないとか言われると、うーん。。それはちょっと違うなと思う。いや、全くわからないことなんてなく、やれと言われれば、もちろん今でも仕訳入力だってできるし、バランスシートを見て、幾つかの指標を割り出すことなど、経営者ならばできて当たり前だろうと思う。だって自分の会社だもの。

中小の社長は、会計業務が面倒で嫌いなことは多数派だし、できる人に任せるのが基本だと思うけれど、何が欲しいのか明確に伝えなければならないし、やってる内容を理解してないと指示もできないゆえに、会計業務については、経営者なら持っておくべき知識だと思う。

中小の社長はキャッシュフローだけ見てればいいとか、多くの社長がBSなんてわからないとか言われると、確かに過去の結果だけ見て経営しているわけじゃないから、バランスシートだけで会社経営なんてできないと思う。しかし、これまでの結果を数字で理解することは必要だろう。スマートなのは、月次決算して、試算表をもらって、そこから欲しい数字だけ取り出して、分析に使いたいと、多くがそうだろうと思う。そういう私も、自分が大事だと感じる幾つかの指標は持っているし、単にエクセルシートに決算書や試算表からの数値を入力して、それを判断や目標に使っている。

その代わり、経理担当者がしっかり入力しないとでたらめな数字になるし、勘定科目や補助科目を、こちらが知りたい内容じゃなく、一般的な勘定科目にまとめられたら、それこそ意味がない。せっかく保険でお金を外に逃がしたのに、資産じゃなく費用にされちゃうと赤字になっちゃう。こっちの求めている仕事は、知りたい数字を積み上げた結果であり、意図した会計結果であって、税務署に出す決算書のためだけが、目的じゃない。税理士の能力次第で会社は繁栄も衰退もするなと思う。否

資格を持って税務署に出す資料を責任を持って作成するだけ、まだマシで、世の中には偽
プロフェッショナルみたいな輩がいて、コンサルという名前で税務を請け負っちゃう人がいる。もうグレーゾーンとかじゃなく、真っ黒でしょ。と言いたい。そういう人が何に責任を持つかといえば、責任なんて持てないでしょうと。

だから中途半端な帳簿になる。意味不明な仕訳が散見される。そんなサービスでお金を取るなんて、ありえないだろうということもある。やはり会社の経理業務、実務は誰かに任せても、中身はしっかり経営者が管理、理解する必要があると思う。会社に余力があって自計化できるなら、そうした方がいいに決まっていると自分は思う。だから経営者は会計の勉強もしておくべきだと強く思う。


2017年6月29日木曜日

九州営業所の閉鎖

 2014年の暑い夏でした。九州を車で訪問し、営業活動をした時に感じたことは、なんて魅力あふれる地域なんだろう。そして可能性にあふれる若さ溢れる福岡に、強く魅せられました。近くには観光資源も多く、街は高い利便性を持ち、様々な面で、この地にマイルランテックのブランチオフィスを開設したいという思いに駆られ、準備を進めていました。当時、私は将来の会社を取り巻く大変化、時代の転換点に差し掛かる前に、対応可能な手段を完成させようと、次の何かを探し続けている状態でした。

さて、そんな強い思いから3年が経ち、紆余曲折あって、なんとこの営業所の継続に対応するすべなく、撤退の決断という残念な結果になってしまいました。事務所を拡張した直後だけに、私自身も、とても悲しいですし、また九州地域の方々には、本当にお騒がせして申し訳なく思います。

 http://milecontrol.blogspot.jp/search?q=%E4%B9%9D%E5%B7%9E

スタート時は意気揚々とした空気もあったんですが、何事も計画通りにいかないもんです。残念なことに、自分の人生、こうして、新しいことをはじめては、挫折の繰り返しなのかもしれません。自分の選択、リーダーシップのなさ、計画性など数多くの点で、至らないことばかりと感じています。

今年、九州営業所はなくなりますが、その代わり新たな会社も誕生し、これまでの九州営業所の担ってきた業務は新しい会社に引き継がれます。また九州地域におけるマイルランテックの商品、LuminexやModulo、Connex製品などの販売については、マイルランテック東京で、対応させていただきます。加えて、ショーコントロールの設備案件など、トータル制御に関するお仕事も、東京オフィスで対応いたしますので、新しい案件など、ございましたら、お気軽にご相談ください。

今回の撤退は、確かにネガティブな印象を与えますが、しかし事業は常に再編されるもので、時代の変化とともに、やり方を変えて対応していくしかないと思うんですよね。うまくいかなければ、引いて考えることも大事だなと。そして変化の中から新しい希望も生まれます。いろんな意味で、新しい何かは、既存システムの破壊から生まれるんだと思います。
この決断と同時に、東京のマイルランテックは新しい才能が集まり、一致団結して前へ進もうという強い意志も芽生えています。失ったものもありますが、代わりに生まれてくる新しいものもあるんですね。





2017年5月28日日曜日

働き方と未来の会社

 今年もあっという間に月日が流れ、早くも夏の気配が感じられます。自宅のもみじが、まばゆいほどのグリーンを放ち、部屋の中が緑で充満しています。それにしても、時間が過ぎるのは、本当に早いですね。
ここのところLuminexの仕事で韓国に行ったり、マイルランテックの決算のことやら、立て続く仕事の洪水に溺れ気味ですが、なんとか全てを完了して、本来の社長の仕事をしたいと思い、時間を作り出す努力中です。社長の仕事というのは、計画し決定し方法を指示して検証を繰り返すことです。本当はゆっくり考える時間が必要なんです。

今、現実に若い会社を世に生み出し、運営していて最近、会社の個性について考えることがよくあります。マイルランテックを創業した時も、どういう会社に育てたいか?明確な意図があり、夢もありましたが、同じように自分の理想とする会社の個性というものがありました。しかし、これが意外と難しくて、マイルランテックでは、自分の意図した通りにはならないことを経験しました。これは当たり前ですが、会社は人が構成しているわけで、自分だけの想いでは、意図した通りの個性(社風)にはならないわけです。

アマゾンのジェフベゾス氏が言うように、会社の個性は代表者の個性が大きなウェイトを占め、次に最初のコアな人材が同じく大きなウェイトを占める。この2つの要素で6割くらいは決定されると言えるでしょう。この点からも社長自身の個性と同時に、社員の育成と選択は非常に重要になります。

もちろん社長の求める個性がエネジェリックなのに、自身が冷めたタイプでは、社風はそうはならない。ゆえに、もし自分の個性と異なる会社にすべきと判断するなら、自分ではなく、最適な社長を探すべきということになるんでしょうが、それもまたとてつもなく難しいです。会社を任せるなんて重すぎるし、何より自分と同じ目標に向かってくれる優秀な人など、そう簡単には見つからない。やはり会社を社長の個性と異なる会社に育てるのは難しいんです。自分のキャラを理解して、それに見合った会社の個性を生み出す努力をすべきですね。

では、自分の個性と求める会社の個性がマッチしているとして、次の要素である社員選択は非常に大きな意味を持ちます。 もし間違った人を採用したり、間違った社員の育成をしては、相当な時間のロスを生み出し、やがて自分のやりたい仕事、夢に到達することなく機を喪失することになってしまう。ということは、自分が必要とする本当に信頼出来る人をベストなタイミングで採用することが、中小の社長に求められる仕事の1つになるんでしょうね。これもまた極めて難しい仕事です。

マイルランテックを創業した時、自分が想像し夢見ていた会社の雰囲気は、今の社員にも、よく話をします。それが、例えるとアポロ13という映画に出てくるワンシーンのようなイメージです。アポロ13は偉大なる失敗と呼ばれます。宇宙船がトラブルを起こし、宇宙をさまよう中、技術者たちが今、宇宙にいる飛行士を助けるために、アポロに搭載されている機材を机の上にぶちまけ、時間など忘れて、皆で必死に解決策にとりくむ姿は、強く心に残り、どんな困難な時も、皆で創意工夫と努力をして、解決していける。それは同じ志を持った仲間がいれば可能なんだ。だから自分の会社には、会社を愛してくれる仲間のような気持ちの人を採用したいというのが自分の理想像でした。

多くの人から、会社への愛情は最初からあるもんじゃなく、時間とともに育つ意識じゃないの?と意見されますが、いやそこじゃなく、最初から冷めた人は嫌いと言いたいです。熱い心と情熱を表に表現できる人がいい。面白いことに情熱を注ぎ、それを表現できるような雰囲気の個性であれば、きっと大丈夫、話し合えると思う。

大きな会社ではないから、ただ生活のために雇われたような人ではなく、会社に愛情を持ってくれる人がいい。最初はダメでも情熱的な人はそういう意識に変わると信じてる。 そして同じ方向性の夢を持ち、自身の能力の向上と同じように会社を成長させてくれる仲間、常に新しい技術に興味を持ち、それらを話し合い、情熱と誇りを持ってこの仕事に取り組む社員像は、かっこいいなと。暑苦しいかもしれないけど、自分はそういう会社にしたいと10年前に思いました。

巷では、会社と労働者の関係は、もっとドライな関係になったと言われており、やがて会社組織に依存しない働き方が現れるのかもしれないとか、会社に依存しない働き方が、いかにも未来の働き方のように喧伝してるけれども、それはつまりフリーランスという個人事業的な働き方であり、よほど特別なスキルと高いモチベーション、さらには、社会の変化に対応し、自分自身を磨く能力がなければ、それは難しいと思う。。

自分の経験では、会社に所属した方が自分一人ではできないことが実現出来る。そして自分の仕事にも専念できるし、会社を皆で強くしていく方が、リスクを軽減することにもなる。将来、会社での経験を下地に独立することも可能になるだろう。これはもちろん会社経営者にとっても利益となることであり、だからこそ自分は自分のことを理解し、近い価値観で仕事を実践してくれる仲間を探し、そして生み出し続けるしかないんだと思います。だから、会社は採用活動を継続しなければならないんです。しかし、本当にこれは難しい仕事だと思います。



2017年5月2日火曜日

新しい時代の到来












陽光まぶしい穏やかな天候に恵まれた4月25日、すでに桜は終わり、新緑の季節が近いことを感じさせる暖かな日、ベルギー大使館にて、LuminexJapanの設立記念パーティーが開催されました。

本社からは、JanRenckens, Philippe Coudyser と奥様のElane、そしてCEOのBartSwinnneが参加し、新たに代理店となった方々及び音響、照明などのメーカーの方々さらには、台湾と韓国の新しい代理店の方々にもご来賓いただき、あたらしい会社の船出を皆でお祝いしました。

これが公式な意味でLuminexJapanの船出になるかと思いますが、 これによりマイルランテック単体でのLuminex製品供給は終わり、今後は下記の代理店さんからLuminex製品が供給されるようになります。

ウシオライティング
音響特機
デジコム
オーディオブレインズ
ミックスウェーブ
マイルランテック

これはあたらしい時代の幕開けであり、自分の行ってきた事業が1つの区切りを迎えたことも感じています。どんな時も同じやり方、同じ形で永遠に続くことはなく、環境が変化を続けていく中、これに対応するのが、自分の仕事であり、マイルランテックはこれまでとは異なる方法論で新たな価値を生み出していく必要があることを強く意識しています。

ここで改めて説明をしますが、マイルランテックとLuminexJapanは全く資本関連がなく、別会社であり、マイルランテックはあくまでLuminexjapanの代理店の1つでしかありません。社長が同じなので、関連があるのでは?と誤解されがちですが、このLuminexの場合、日本法人はベルギーの子会社であり、Luminexの資本で設立されています。
私は個人で出資しているため、マイルランテックとは完全に分離した形です。
 
私の主要な仕事は、引き続き、安定して製品提供を行うとともに、ルミネックスジャパンを成長させ、日本にしっかりとしたルミネックスの拠点を確立することにあります。人の採用や代理店の方々への技術情報の提供、広告宣伝活動のお手伝いなど、一人では大変な仕事が積み上がってます。しかし、それでも自分が選択したことであり、一刻も早く、会社を安定した経営体質にできるよう、努力をしていきます。





2017年4月9日日曜日

4月の始まりLuminexJapan誕生 10年の節目










 2017年3月1日 ”LuminexJapan株式会社” が誕生しました。いまはまだ、様々な準備に追われる毎日ですが、そろそろ皆様に設立のご案内が届く頃ではないかと思います。
それにしても、もう早くも4月ですね。これを書いている間に、フランクフルト出張となり、今、帰国しての続きのブログ原稿作成です。

この新しい会社は、Lumienx社の子会社で、本社の社長Bart Swinnenと日本からは、
宇佐美浩一が役員に就任します。これにより、私の人生を変える新しい扉が開いたのは間違いなく、これから私は2社の経営を同時に行うことになります。これは非常に大きなプレッシャーであり、LuminexJapanという会社を早く、一人前の会社にせねばという強い想いも高まってきます。

今、改めて10年を振り返ると、いやマイルの構想を考えた2005年に戻ると、12年前の暑い夏の日、まさか自分が輸入販売にこれだけ長く関わるとは想像もしていなかったし、また2つの会社を運営したいなど、考えたこともありませんでした。単に自分の好きなこと、新しいものを追いかけ続けた10年であったような気がします。それがいつしか、新しい仕事につながり、LuminexJapanに昇華したといえるでしょう。
すでに、2つの会社を運営していくことを決断した以上、Luminex社では通信ネットワークについて真剣に考え、そしてマイルランテックでは、新しい映像演出、劇場との関わりを重要な責務として捉え、当社を支持してくれる顧客のためにも、業界のためにも、 これまでと変わらない努力をしていきたいと思います。

さて、ここで気になる点としては、これまでLuminex社と深く関わってきたマイルランテックは今後、どうなっていくか?について、社員も含め、 おそらくマイルランテックからLuminex製品をご購入いただいた方々からも、疑問の念を持たれることもあろうかと思います。率直に言って、やはりマイルにとってもこれは大きな変化であり、ある一定の変化がマイルの経営については出てくるといえるでしょう。

代理店の拡散という減収減益につながる選択をマイルランテックに対して行った代表取締役としての、私の判断は正しいのか?どうか?と問われれば、販売代理店という業務だけで見れば、疑問が出るのもわからなくはありませんが、以前から私が主張するように、マイルはモーションイメージライティング、コントロールエンバイロメントというテーマを持ち、いかに照明と映像など異なる分野の仕組みを組み合わせたショーシステムを作るかという点に強い関心を持っています。その意味では、マイルにとって、ルミネックス製品のネットワーク分野も1つのパートであり、もともとが、より大きなテーマを掲げて、さらに新しいことを開拓していくのがビジョンであるわけで、決してこれまでもネットワークシステムの販売だけで生きてきたわけではありません。

よって、私はこの機会をマイルが大きく飛躍するきっかけとして、今後もさらなる新しい何かを皆さまにご提供していける企業へとマイルランテックを成長させていこうと考えています。ただし、 マイルランテックの、ルミネックス製品代理店という立場は変わりはなく、これまで同様に同社製品の販売とサポートを続けていくのでご安心いただきたい。今後も、マイルランテック、ルミネックスジャパンを何卒、よろしくお願いします。


 (株) マイルランテック   
ルミネックスジャパン(株)

   代表取締役 宇佐美浩一



2017年1月24日火曜日

ModuloPlayer













少し遅れての展示会後の感想です。
光和さんの展示会が終わりました。昨年はトータルショーコントロールというテーマで
イベントスペースの演出に関わりましたが、今年は自社ブースにて新製品の発表となりました。ここで、当社は次世代の映像技術製品、Modulo Kineticを世界に先駆けて、日本で披露できたことに喜びを感じます。来場された方々で気付かれた方にはご説明しましたが、来月のISE(アムステルダム)では、このキネティックとプレイヤーが展示会で披露されますので、向こうに行かれる方は、ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

Modulo Pi社は、すでにフランスで驚異的に支持者を増やしています。おそらく、ISEでワールドデビューをし、世界の人の目に触れた時、また大きな反響があるでしょう。非常に優れた映像再生ソリューションと映像演出ソリューションです。そして現場を知り尽くした開発者が作り上げる洗練されたソフトウェアは、多くの現場の人の支持を受けるでしょう。これまでカタリストを販売してきた自分ですらも、その圧倒的に使いやすいユーザーインターフェースの虜になりました。

これは間違いなく社長のYannickが映像現場に深い知識を持っているとともに、彼らの周りにいるフリーランスが現場でのフィールドテストを繰り返し、それをフィードバックしている結果によるところが大きいでしょう。そしてそれを彼らの驚異的な開発能力とスピードが実現していると思う。

 Modulo Playerのよさは、やはり圧倒的な使いやすさ。
そのユーザーインターフェースは特筆すべき点であると思う。これまでメディアサーバーと名のつくソフトウェアベースの映像プレイヤーは決して使いやすい操作パネルではなく、その多くが外部に特殊なコントローラーを要求した。それは多くが照明卓であった。しかし、Moduloはそれを否定し、ネットワーク経由で接続されるリモートソフトという方法で、コントロール環境を提供する。そのリモートソフトは、洗練されたインターフェースにより、 見た目に勘で操作が可能な上、グラフィックカードの設定も全て、このリモートソフトで設定できるため、サーバー側にキーボードやマウスなどの接続は不要です。コントロールソフトのみで全ての操作が完結するのは、非常に使い勝手が良い。

このこだわりは、ショーの編集作業などを映像再生のハードウェアから分離することで、サーバーへの負担を減らし、操作ミス等による不具合を減らすためである。全ては安定性へのこだわりから来ている。これはコーデックの選択にも現れている。特殊な専用コーデックでは汎用性がなく使いにくい、かといって数多くのコーデックをサポートすると、システムは安定性が損なわれる。そこで一般の映像制作現場でエンコードできるProressとH.264などの限定されたコーデックのみをサポートし、レガシーコーデックを全て捨てることにより、サーバの安定動作を担保している。

ハードウェアは見た目には普通のラックコンピューターだが、マザーボードからSSD、AMDのグラフィッカードなどの全ての点で、こだわりの選定が感じられる。AMDのグラフィックカードが故にGenLockも可能なうえ、出力ポートのEDIDもロックすることができ、安定性と同時に手早いセットアップと非常に高い描画パフォーマンスが得られる。
キャプチャーカードにDeltaCastという選択も、同じく、こだわりを感じる。当然ながらこれらハードウェアのセットアップは特別なチューニングが行われているようで、後からウインドウズに手を入れると、それがよく分かる。

最先端の4Kプレイヤーとしてもまた、プロジェクションの際のブレンディングとか、各種のエフェクト、マッピングに関する機能などを搭載したプロジェクションマッピングツールとしても、そしてこのモデューロから外部機器を制御可能なため、例えばプロジェクターの管理、スイッチャーの管理などを含め、映像演出の全てを一括管理するショーコントローラーとしても活用できる。もちろんモデューロをMIDIなどで外部から操作したい人向けにもポンだし的な使い方ができるような工夫がある。最近は、フランスで照明さんが使いたいという要望も増えて、照明卓をつなぐモードも用意する予定です。

こうした現場から要望に対し、モデューロパイ社は、非常に柔軟かつ迅速に対応してくれる。この現場重視の姿勢は、私が経験したカタリストにも通じる文化であり、この姿勢が、先月のディズニーランドパリスにおけるスターウォーズ現場への納品が決まった理由でもある。もう古めかしいメディアサーバーはいらない。今、新しい次元を開いた、次世代のメディアサーバーが、映像業界の今の不満を解消するでしょう。